タグ別アーカイブ: タブレット

Vivotab Note 8 にWacomドライバが正式対応


Asus製タブレットPC Vivotab note 8 にWacom feel ドライバがついに正式対応したので、早速入れてみました。

■ Vivotab note 8
Wacomデジタイザ搭載の8インチwindows8タブレットPCとして発売され、筆圧検知に対応しているため簡易液晶タブレットのように使えることから、お絵かき用途として注目されています。
ところがWacomデジタイザを搭載、筆圧1024段階まで対応していながら肝心のWacomのドライバがこの機種に対応していなかったため、Windowsの提供するしょぼいドライバで動かす方法しかないという歯がゆい状態でした。当ブログでもその状態でSAIやClipstudioで筆圧を使う方法を解説してきました。
VIVOTAB NOTE 8 で CLIP STUDIO PAINT の筆圧設定
VIVOTAB NOTE 8 でSAIの筆圧設定

 

Wacom feel IT technologies ドライバが Vivotab Note 8 に完全対応。
2014年4月14日にドライバが更新され、ついに Vivotab Note 8 も対応されました。
ということは筆圧1024段階まで完全に対応されるということで、
タブレットのスペック的にはBambooシリーズ並になったということですね。では早速インストールしてみましょう。

■ドライバのインストール
では以下のページからドライバをダウンロードしましょう。
http://us.wacom.com/en/feeldriver/
日本語のページだと古いバージョンのドライバしか置いてなかったのでWacom USからダウンロードします。
ページに飛ぶと真ん中辺りに >>Download Driver<<という項目があるのでそこをクリック。
ダウンロードしてきたファイルを実行。再起動を要求されるので再起動しましょう。
wacomドライバ
ドライバインストール後コントロールパネルを見ると、”ワコムペン”という項目が追加されていてそれがタブレットの設定になります。
ペンタブレットをお持ちの方は見慣れた設定画面かと思います。
右下の調整開始で画面上の正確なペンの位置を調整できるのでやっておきましょう。
これで問題なくwacom公式のドライバでペンタブレットが扱えるわけです。
■このブログで以前wacomのドライバが来ていなかった頃
ソフトの設定をいじって使う方法を解説しました。
Wacomのドライバが対応した今それらはまったく必要無くなります。
なので設定のもとに戻し方を解説します。

■SAIの場合
以前 VIVOTAB NOTE 8 でSAIの筆圧設定 で解説したwintabをSAIのインストールされているフォルダにコピーしている場合。
VIVOTAB NOTE 8 でSAI
その時に作った”wintab.ini”と”wintab32.dll”のファイルを削除します(SAIのインストールされているフォルダにあります)。
これを削除すると、wacomのドライバの方を自動で認識するので、動きがとてもスムーズになります。

■CLIPSTUDIO PAINTの場合
こちらも VIVOTAB NOTE 8 で CLIP STUDIO PAINT の筆圧設定 このエントリーで、環境設定からOS標準のTabletPCを選ぶ方法を紹介しました。こちらも例によってwacomのドライバが対応したので。
VIVOTAB NOTE 8 で CLIP STUDIO PAINT の筆圧設定
ファイル>環境設定>タブレット ”使用するタブレットサービス”の”Wintab”を選択して、okを押してください。
するとwacomのドライバが有効になり描き味が段違いに良くなります。

■感想
ついに来たかという感じでWacomのドライバに正式対応された Vivotab Note 8 。普通にデスクトップをペンで操作している時すらかなりストレスが減りました。この違いには結構驚いています。
特に絵を描く時などその反応の良さが如実に出て、線がちゃんと筆圧をキープしながらついてきてくれるというような、しっかりした描き味があります。
画面端の反応もwacomドライバで補正しているのかひどく気になることもなくなりました。この辺は本当にすごいと思います。
これからも外出先でのお絵かきに重宝しそうです。
というわけでドライバを入れてサクッと1時間くらいで描いた龍驤ちゃんです。
rj

vivotab note 8 でSAIの筆圧設定


前回 Vivotab Note 8 でクリペの筆圧設定を確認する方法を書きましたので今回はSAIでの方法も覚え書きしておきます。

□前回
VIVOTAB NOTE 8 で CLIP STUDIO PAINT の筆圧設定

▼やることは
・ SAI用のWintab DLLをダウンロードしてくる。
・ vivotab note 8 専用のキャリブレーションツールをダウンロードしてくる。
・キャリブレーションを実行。

■SAI用Wintab.dllを下記のサイトからダウンロードします。
http://butimaru.blogspot.jp/2013/04/saiwintab_21.html

リンクのページ下の方に行くと”wintab.zip”ファイルのダウンロードリンクがあります。
更にその下に vivotab note 8 用の位置調整 ”cal.exe”ファイルへのリンクがあります。その2つをダウンロードします。

スクリーンショット (12)bダウンロードしてきたら”wintab.zip”の中にある”wintab32.dll”というファイルだけを、SAIのインストールされているフォルダ(sai.exeのあるフォルダ)にコピーします。cal.exeも同梱されていますが、別途単体でダウンロードしたほうが vivotab note 8 専用のものなのでそちらを使います。

スクリーンショット (13)b続いて単体でダウンロードしてきた”cal.exe”を同じくSAIのインストールされているフォルダにコピーします。

■キャリブレーションを実行する。
これで準備が整いました。あとは実際にキャリブレーションを行います。

スクリーンショット (14)b先ほどコピーした”cal.exe”を右クリックし”管理者として実行”をします。
不明な発行元からのプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?と聞かれるので”はい”をクリックします。
すると白地に十字があるだけの画面になるので。十字の真ん中をペンでタップします、十字が次の位置に移動するのでまたタップします。
4箇所終わると”Save ok?”と出るのでokを選びます。

■SAIのインストールされているフォルダに”wintab.ini”という設定ファイルが出来ていれば成功です。(*ペン横のボタンに関してはショートカットを割り当てる以外上手く動かないようです)

設定は以上になります。

SAIのような軽くてシンプルなお絵かきツールが、タブレットPCで動作するというのは嬉しいです。CLIP STUDIO PAINTのようにタップで移動したりズームしたりということができないのはしょうがないですね。

 

 

 

VivoTab Note 8 で CLIP STUDIO PAINT の筆圧設定


■ VivoTab Note 8 でCLIP STUDIO PAINT を使う際の筆圧設定

VivoTab Note 8

WACOMデジタイザ搭載のWindows8タブレット” VivoTab note 8 ”。
8インチモニター、筆圧対応で小型の液晶タブレットのように使うことが出来ます。

うちの環境だと CLIP STUDIO PAINT の筆圧がデフォルトで有効になっていなかったので、筆圧設定の有効化と、タブレットに最適化されたインターフェイスを有効にする方法メモです。

スクリーンショット (4)b

■さっそくクリペをインストールして使ってみるとなぜか筆圧を認識しない。8インチのスクリーンにクリペのインターフェースはごちゃごちゃしすぎて描くところが狭い。

スクリーンショット (6)b

■環境設定
まず”ファイル”メニューから→”環境設定”を開きます。

スクリーンショット (7)b

■TabletPCにチェックを入れる。
左側にタブレットという項目があるのでクリックすると、
”使用するタブレットサービス”が”Wintab”になっていました。
どうやらVivo Tab Note 8は現時点ではWintabに対応していないようで、“TabletPC”の方をチェックします
(そのうちWacomから Vivotab Note 8 用のドライバが出るらしいです)
これで”OK”を押すと CLIP STUDIO PAINT 上で筆圧が有効になります。

次はインターフェースを広めに使う設定です。

スクリーンショット (9)b

■タッチ操作に適したインターフェースに調整する
同じく”環境設定”内の左側”インターフェース”という項目があるのでクリックします。
右側に”タッチ操作に適したインターフェースに調整する”にチェックを入れます。インターフェースのスケーリングはデフォルトの標準で丁度いいと思います。これで”OK”を押すとこんなかんじになります↓

スクリーンショット (10)

 

色々と折りたたまれ、メニューも最小限になっています。
モニターが9インチなので絵を描くスペースは最大限あるといいですね。
CLIP STUDIOはホント機能豊富、探すのが大変ではありますが。

以上です。

下記のサイトにSAIで筆圧を有効にする方法や、ペンのズレを修正する方法などが詳しく解説されています。

□肉うどん| VivoTab Note 8 でSAIを使う(座標・筆圧問題なし)http://www.rez.sakura.ne.jp/~io/txt/vivotab/4.html

 

 

ASUS VivoTab Note 8を買いました


DSC02219

 

というわけで、待ちに待ったVivoTabNote8を購入しました。
Wacomの筆圧対応デバイスということでお絵かき端末として好評だったようで。今回Amazonから限定モデルが出ると聞いて飛びつきました。

DSC02222

さっそくお絵かき、スクリーンは8㌅と小さめだが十分絵は描ける。
SAIも動くが、
CLIPSTUDIO PAINTがタッチ操作に最適化されてて使いやすい。

DSC02237

横においたほうが描くスペースは広く取れるので安定してかけるのだが、縦でも意外と描ける。ちょっとツールバーが邪魔になるけど。
電車の中とか立って待ってる時にスケッチブック代わりに使える。

DSC02224

ペンに関して、写真一番左が付属のペンだ。筆圧も検知してくれるし軽いのはいいのだが、細すぎる、そして左クリックのボタンが押しづらい。
なのでWacom Bamboo Stylus feel carbon CS400UKを購入(真ん中)
なかなかの描き心地、太さも重さも丁度いい、サイドボタンも押しやすい。右端は比較用にintuos4のペン。

DSC02233

もちろん艦これもバッチリ。これで提督業も捗る。